ミャンマー 
マンダレー > アマラプラ

 アマラプラ(Amarapura):マンダレーの南11km、エーヤワディー川沿いにある、ボードパヤー王時代の古都です。アマラプラとは、不死の町と言われ、二度も王都として栄えた都市です。王宮跡や、パトドーヂーパゴダ、チャウットーチーパゴダなど、かつての王宮の名残もありますが、ここでの圧巻はウー・ペイン橋です。長さ1200m程の木造の橋なのですが、行ってみなければ解らない、不思議な空間になっています。この島は乾季には陸続きですが、雨季には大きな湖となります。地元民の釣りをする姿や、自転車を押す人々など、すべてが絵になる風景です。
 
アマラプラ地図
アマラプラ地図
 

Copyright © 2005-2018 Myanmaring. all rights reserved.